デリケートゾーン黒ずみ改善

おすすめのデリケートゾーン黒ずみ改善法について100人にインタビューしてみました

なかなか人にうちあけられない、デリケートゾーンの黒ずみに関する悩み。
日頃どんなケアをしているのか20代,30代,40代,50代の女性100人におすすめの黒ずみ対策についてインタビューしてみました。

肌に刺激を与えないような天然繊維の下着を着用する

デリケートゾーンの黒ずみは、これ以上悪化させないために普段の生活から気をつける必要があります。肌に刺激を与えることでも黒ずみと化してしまうことになるので、お風呂に入ってデリケートゾーンを洗う時でも優しく泡で洗うようにします。ナイロンタオルはごしごしと擦ることで洗いがいがありますが、黒ずみが落ちることはありません。
他にも、肌に刺激を与えないような天然繊維のショーツを着用し、締め付けすぎないことも肌に負担を与えず黒ずみを改善できる方法となります。

濃度の薄いハイドロキノンクリームからお試ししてみる

デリケートゾーンの黒ずみ改善法として、ハイドロキノンクリームを塗ってケアをするという方法があります。ハイドロキノンクリームは、シミが薄くなる肌の漂白剤と言われているものですが、色素沈着にも効果を発揮します。商品によってさまざまな濃度があるのですが、デリケートゾーンのような肌が敏感な部分にいきなり濃い濃度の商品を塗ってしまうと、肌トラブルに発展する可能性が高まります。高い効果を期待したいものですが、濃度の薄いものから利用し始めると安心です。

太っている人はまず痩せることが黒ずみ改善のはじめの一歩!

デリケートゾーンの黒ずみ改善法はいくつかあります。しかし、まずは原因を突き止めることが大事です。黒ずみの原因は色々ありますが、デリケートゾーンで多いのは皮膚の擦れです。なので、太っている人はまず痩せなくてはいけないです。痩せているのに黒ずみがあるという人は、保湿をしてみましょう。1日2回、毎日続けましょう。それに加えてシミやそばかすに効果があるサプリメント、市販薬などを使用しましょう。それでも駄目なら病院の皮膚科に相談しましょう。

ハイドロキノン配合の塗り薬を使って黒ずみが気にならなくなりました

デリケートゾーンの黒ずみを自宅で解消を目指すなら、市販品の美白クリームや保湿剤を使い、栄養を与えてターンオーバーを促進させて本来の肌の色に戻していきます。
個人的にデリケートゾーンの黒ずみを治していく場合は地道に長期間向き合う必要があるので、さらに素早く結果を得たいなら美容クリニックもしくは美容皮膚科を受診しましょう。
専門医では美白の効果がとても高いハイドロキノンが入っている塗布薬が処方されるため、2ヶ月ですっかり気にならなくなります。

トイレでペーパーを使うときに、強くデリケートゾーンをこすらない

デリケートゾーンの黒ずみは意外と気が付かずにいることが多く、脱毛をきっかけに気づく方も多いようです。この黒ずみは、摩擦や圧迫などが原因であることが多く、おすすめのデリケートゾーンの黒ずみ対策としては、トイレでペーパーを使用する際に、強く擦らないことなどが大切になります。また、締め付け感のある下着などを長く着用していると、黒ずみの原因となることがありますので、ゴムなどがキツくないタイプのものを選ぶなど注意が必要です。

デリケートゾーン専用のケアクリームを活用

デリケートゾーンの黒ずみは気になるものですが、人目につかない場所だけにひとまずそのままにしているという人も少なくありません。
しかし、いざという時に手入れをして置かなければ余計に恥ずかしいことになってしまうだけに、対策は重要ですが意外に効果的なおすすめの改善法としてケアクリームの使用があります。

黒ずみケアクリームは特にデリケートゾーンには効果的であることが多いので、デリケートゾーンの黒ずみに悩んだ時にはケアクリームを試してみるのが良いでしょう。

ぬるま湯でデリケートゾーンの保湿を行う

デリケートゾーンは黒ずみやすい部分です。黒ずみは外部刺激を受けた肌の防御反応でメラニンを多く分泌するのです。デリケートゾーンは下着との摩擦や脱毛などで刺激が多い部分なのです。このデリケートゾーンの黒ずみを改善するにはぬるま湯などで保湿を心がけることです。入浴後など清潔に保たれた肌に保湿を施すことで、肌表面のバリア機能が正常に機能します。すると外部刺激を受けにくくなること、そして肌のターンオーバーが動くことでメラニンの排出が促され、黒ずみが改善していくのです。

デリケートゾーン専用の石鹸を使う

デリケートゾーンの黒ずみは下着などの摩擦によるものや刺激によるものです。そのため、刺激の少ないように下着を柔らかい素材や通気性のいい素材のものに買い換えてみることや、デリケートゾーンを清潔な状態に保つためにデリケートゾーン専用の石鹸などで清潔な状態を保ちましょう。デリケートゾーンが清潔な状態でないと臭いなどの原因にもなるため、清潔な状態が保てるように専用の石鹸などを用いて適度に洗うことが重要です。洗いすぎてしまうと肌荒れの原因になるため注意が必要です。

摩擦が起こりにくいゆるめの下着に買い替える

デリケートゾーンの黒ずみは部位の特性上、いつも清潔にしていなければならないという考えにより、つい念入りに洗いすぎてしまい乾燥状態に陥っている事が原因なので、保湿することで次第に本来の色合いに戻っていきます。
保湿と言えば顔に対して使う美容液が身近ですが、デリケートゾーンの黒ずみの場合は刺激に欲に弱い部位なので、専用のケアクリームを使うようにしましょう。
また、毎日の入浴で使う石鹸の種類を変更したり、下着を買い替えて摩擦が起こりにくい物にするのも有効的です。

脱毛後のデリケートゾーン黒ずみ専用の美白クリームを活用

摩擦による刺激や脱毛処理による刺激、ホルモンバランスの乱れなどによってデリケートゾーンの黒ずみが目立つという場合には、対策として専用美白クリームを使用してみましょう。
肌を元の状態に戻すためにさまざまな成分が配合されているため、黒ずみを改善し元の肌の状態に戻す対策としては有効な手段です。お手軽にできる対策であり、費用もそれほどかからない点もメリットといえるでしょう。対策をしっかりと行いデリケートゾーンの黒ずみを改善しましょう。

関連記事

  1. 【デリケートゾーン用クリーム】ピューレパールで自信の持てるワキになる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP