デリケートゾーン黒ずみ改善

【デリケートゾーン用クリーム】ピューレパールで自信の持てるワキになる

顔のスキンケアは毎日しっかりしているという方は多いと思いますが、ワキのケアはどのようにしていますか?

恥ずかしながら私は今までワキのケアをしてこなかったのですが、気がつけばワキの黒ずみ、くすみが目立つようになっていました。

脱毛サロンに行かず(今どき珍しいかもしれませんが)、ピンセットを使った自己処理を長年続けていたこともあり、毛が肌に埋没し、それを何とかしようとしてさらに肌を傷つけるという悪循環に陥っていました。

ワキも顔と同じく肌呼吸をしています

私も含め、ワキは水着などを着ない限り人から見られるわけでもないので、ケアを怠りがちな場所です。

しかし、ワキもれっきとした肌の一部です。
顔と同じ肌です。

ケアをしないとどんどん劣化していくのは容易に想像できますよね。

ワキは、先ほど記述したようにムダ毛の処理や洋服の摩擦で体の他の部位よりも黒ずみやすいです。

さらに、毎日何気なく使っている制汗スプレーによる刺激さえも黒ずみの原因となるのには驚きですよね。
それ位、ワキが黒ずむ原因は生活の中の至る所に潜んでいます。

「黒ずみはなんとかしたいけど、どうやってワキのケアをすればいいの?」という疑問が生まれますよね。

そこで注目すべきなのが専用ケアアイテムです。
今回、ワキの黒ずみ・くすみ解消に大きく役立つホワイトニング美白ジェル「ウィズコスメ ピューレパール」をご紹介します。



ピューレパール公式通販

purepa01

ワキのケアに必要な成分をぎゅっと詰めこんだピューレパール

ピューレパールのすごいところは、使えば使うほど効果を実感できるということです。

ピューレパールにはメラニン色素の生成を抑制し、色素沈着を防ぐ効果のあるビタミンC誘導体や、肌の汚れを落としてハリをもたせる米ぬかエキスが配合されています。
他にも多くの美容成分が入っていますが、特に注目すべきなのはグリチルリチン酸2Kです。

グリチルリチン酸2Kはピューレパールで1番高濃度に配合されている有効成分なのですが、抗炎症作用が期待できます。

女性なら誰しも一度はワキのムダ毛処理をした時に赤くなったりかゆく感じたことがあるのではないでしょうか。

その赤みやかゆみを抑えることができるので、ワキのケアとして最適な成分です。
また、ワキは皮膚が弱いところでもあります。

グリチルリチン酸2Kは抗アレルギー作用も期待できるので、敏感なワキでも安心して使うことができます。

実際に手に出してみると、ぷるっとしたジェルが気持ちいいです。

purepale02purepa03

ワキに塗ってみてもべたつきがなく、すーっとなじんでいきます。
使う時のポイントとしては、清潔な肌につけるということが重要です。

他の化粧品を使う時にも言えることですが、肌に汚れが残っていると浸透しづらくなり、効果が半減してしまいます。
化粧品の効果を十分に発揮させるためにもお風呂上りに使うのがベストです。

ピューレパールは朝晩2回つけると効果を実感しやすくなります。
顔のスキンケアも1日2回つけることを考えると納得ですよね。

朝つけて日中汗をかいてもべたつきもなく、気になりませんでした。
さらに、ピューレパールはワキ以外の黒ずみが気になるところにも使うことができるので、私は色素沈着が気になる膝にも使っています。

効果を実感するために、3日間朝晩ピューレパールをつけるハンドデモを行いました。

1日目

purepa04

2日目

purepa05

3日目

purepa06

写真だとわかりづらいですが、手の血管が日が経つにつれてよく見えるようになっています。
それだけ肌の透明度・肌トーンが上がっているということになります。

より効果を実感するためには、1か月程続けて使うとわかりやすいです。

数日使って肌の透明感、ハリ、キメが整ったと感じることができたので、継続することで気になるワキの黒ずみを改善してくれるお助けアイテムだと思います。

関連記事

  1. おすすめのデリケートゾーン黒ずみ改善法について100人にインタビューし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP